top of page
  • 執筆者の写真Naoco

亡くなった方への思い⋯


亡くなった方への思い⋯


生きてる間には、出来なかったことや、後悔、懺悔など、身近な方が亡くなられた時に感じられる方も多いのではないでしょうか


セラピーでも、よくある案件です

亡くなった方の気持ちを知りたい、もしくは、謝りたいetc…


亡くなられた方は、あなたが心に抱いてる気持ちを、もうご理解されています

それは、あなたが思ったり、考えたりした時点で


そして、大体の方は、浄化されてますので

亡くなった方が、その後も、大きな怒りや悲しみを持ち続ける、というのは少ないように思います

もし、亡くなられた方が、心残りや、何かを伝えたい場合など、サインを送られる事が多いです


例えば

・夢に出くる

・最近よく家族で話題になる

・よく思い出す

・ご縁のあるセラピストや、霊能者に連絡したくなる


あちらの方も、ご心配はすごくされています

家族のこと、ペットのこと、残したお家などの遺産など


亡くなられても、心は同じです

生身の身体が無いというだけです


あと、よくご質問を受けるのですが

お墓にいるのか、仏壇にいるのか


これは、あなたが思う、考える、という時点で、あなたの側にいらっしゃいます


あちらの世界の

【⠀在る 】という感覚は

こちらとは異なりまして

物質的感覚の生きてる私たちは、存在というモノとして捉えますが

あちらの世界は、思い、として捉え

ある意味、どこにいても、どんな時も存在はします


あちらに行っても、思いは届きます

ですが

可能な限り、生きてる、この世に存在している時に

この身体を通し、言葉や身体で、その方に思いをお伝えしてください


思ったその一瞬は

もう二度と取り戻せない時間です✩.*˚


人であろうと、動物であろうと、それは植物や自然界全てにもです✩.*˚



Comments


bottom of page